介護の募集で気をつけたい事

介護関係の募集を見かける事が多くなっています。

ヘルパーステーションでの募集ポスター、走行している車にもポスターが貼ってある事もあります。

高齢者が増加している昨今、人員不足となっており常に募集を行っている状態です。

仕事を探している側とすれば、採用されやすいのかもと思い興味を引かれる場合もあります。


実際には情報誌をみるとある一定の資格取得が条件として書かれています。

しかし、心配する事はありません。

介護の募集に関する情報の一覧です。

無資格でも採用される事はあります。

訪問介護では大きく2つに分かれており、身体介護と生活援助があります。



実際に利用者の身体に触れる事が苦手な場合には生活援助の募集を探してみるのも一つの手段です。


もちろん身体介護を行えるのであれば有利です。現在、高齢者の寝たきり予防を目的とする活動も地域で活発に行っているため、生活援助の需要も十分にあります。条件として以前はヘルパー2級と呼ばれていましたが、現在は初任者研修といわれる研修を修了している事が望ましいとされています。

応募する前に研修を受講しておくと採用率はアップする事は間違いありません。
しかし、あくまでも提示しているだけなので思い切って無資格でも応募すれば採用される可能性もあります。
忘れてはいけないのが募集内容です。

コトバンク情報に精通したサイトです。

人員不足が激しい職場の場合には、入職すると違う仕事を割り当てられたりする場合もあるため、面接時にはしっかりと意見を伝え、確認を怠らないようにしておく必要があります。